野菜から酵素を摂取する

野菜、ちゃんと食べていますか?

健康診断などで病院に行ったときに「もっと野菜を」と言われてしまったことがある方もいるのではないでしょうか。

野菜がなぜ身体によいのか

野菜にはビタミンやミネラルをはじめとする多くの栄養素が入っているだけでなく、食物繊維や食物酵素といった、身体の働きをサポートする成分も豊富に含まれています。

また、季節によって旬が違う野菜には、ありがたいことにその季節特有の病気や症状を予防する栄養分がたっぷり含まれていたりします。さすが大地の産物!と言った感じですよね。

適した野菜をしっかりと摂取することで、身体の調子も整うと言うわけです。

酵素と野菜の関係

健康を維持するためにも酵素は重要な役割を果たしていますが、酵素は体外から取り入れないと減ってしまいます。

ここで野菜が役に立ちます。野菜には酵素がたっぷり含まれているのです。ざっと挙げるだけでも、大根、ニンジン、キャベツ、ピーマン、玉ねぎ。他にもまだまだたくさんあります。

多くの野菜が酵素を豊富に含んでいるので、身体にとってはとても助かる食べ物なのです。

本当はサラダなどで生の野菜を食べるのが一番良いのかもしれませんが、どうしても苦手な方もいますよね?でも加熱をした野菜ならよく食べる!と言う方は多いとおもいます。

加熱をすることによる良い点もたくさんありますが、「酵素」に限って見てみるとちょっと注意が必要です。

酵素はとってもデリケートで、実は生ものにしか含まれていない成分なのです。

加熱調理をしてしまうと酵素は失われてしまい、せっかく野菜を食べても含まれている酵素を上手に摂取することはできません。

酵素ドリンクには野菜がいっぱい入ってます

サラダなどで生野菜をたくさん食べると言っても、それはかなりの量になります。

厚生労働省が推奨している野菜の摂取量は、一日で約350g。これは、現実的に考えると結構難しい摂取量です。

そこでおすすめなのが野菜ジュース。

野菜ジュースだったら、仕事中でも移動中でも簡単に飲むことができますし、自分で作った野菜ジュースだったら、加熱処理もしない状態なので酵素も多く摂取できます(その代わり常温ではあまり長持ちしませんけどね…)。

さらに効率よく野菜の栄養素や酵素を取り入れたいとお考えの方には、酵素ドリンクをおすすめします。

材料を見ていただくと分かりますが、ほとんどの酵素ドリンクはびっくりするくらいの量の野菜を使って作られています。

酵素ドリンクは、加熱処理ではなく野菜を発酵させることで大切な栄養素や食物繊維を崩すことなく、むしろ野菜の力を最大限に生かした飲み物です。

もし健康診断で「もっと野菜を」と言われてしまった場合は、一つ、酵素ドリンクを飲んでみるのはいかがでしょうか?

おすすめの!酵素ドリンク&酵素サプリメント一覧はこちら

スポンサードリンク

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...