果物で酵素を上手に摂取

果物、ちゃんと食べてますか?酵素ドリンクの種類にはいろいろありますが、材料で考えると主に「野菜」と「果物」に分けることができます。 ここでは果物、そして果物を材料に作った酵素についてご紹介します。

果物は朝食にぴったり!

みなさんは最近、果物を食べていますか?ここで取り上げる「果物」は、ケーキやお菓子などに含まれているいわゆる加工品ではなく、生の果物です。

リンゴやみかん、オレンジなどは良く口にすることがあると思います。他にもその季節によって、ブドウやメロンなどもあると思います。
しかし、最近一番注目を浴びている果物と言えば「バナナ」ではないでしょうか。「バナナダイエット」と言う言葉が流行ったり、一時期は売り場からバナナが無くなったりと、バナナは今、大人気の果物と言えます。

そのバナナを始め果物は、一日のうち、いつ食べるのが一番良いのでしょうか。

食後のデザート?おやつの時間?いいえ、実は朝食にフルーツをとるのが一番良いと言われています。

なぜ果物が朝食にぴったりなのかご説明しましょう。

「朝はしっかり食べたほうが良い」と言うお話は聞いたことがありますよね。朝しっかり食べて、元気いっぱいでお仕事や学校に出発!というのがとても理想的。
でも実際のところ、朝食をしっかりと食べてしまうと身体のエネルギーが食物の消化に使われてしまうのであまり良くないのです。

かと言って、「しっかり食べる」こと自体が間違っているわけではありません。睡眠中に脳が消費してしまったエネルギーを素早く補うことで目覚めが良くなるからです。
つまり、消化にエネルギーを使わずに脳に効率よく栄養を与えるものが、朝食にはぴったりなのです。

ここで注目したいのが果物。

果物には私たちの身体には必要不可欠な水分と一緒に栄養成分が豊富に含まれています。そして消化に役立つ「酵素」も含まれています(果物が傷みやすいのもその酵素のせいです。)
物を食べると胃が消化酵素を使って体内に入ってきた食物を消化しますが、果物自身が消化酵素を持っているので、身体かかる負担が少なく消化されます。そして、他の食物と比べるとかなりの短時間で胃から腸へと移動していくので、身体にとってはとても優しい食べ物なのです。

人間の食物に関する1日のサイクル人間は「摂取」「消化」「排泄」を繰り返していて、日中に摂取したものを夜のうちに消化して栄養などを身体に行き渡らせ、そして朝、排泄をするというサイクルがあります。
朝、多くのものを食べることで、この「排泄」のサイクルを崩してしまうと身体の中に老廃物がたまってしまう原因になります。

果物を朝食で摂取すると言うことは、このサイクルを無理に崩すことなく、そして腸まで食物繊維を届けることで排泄を促すという面でも役に立っているのです。

身体に負担をかけずに効率よく栄養を吸収できるうえに、排泄までサポートできるなんて、果物は朝食にぴったりの食べ物だと思いませんか?

さらに効率を考えると…

でも毎朝お腹いっぱいの果物を食べるのって、かなり難しいと思いますよね?
実際にお腹いっぱいに果物を食べるとなると、量も多くなる分、金額も大きくなってしまいます。しかもゆっくり食べる時間の確保も難しい現代人にとっては、夢のまた夢になってしまいます…。

そこでおすすめなのが、果物を材料にしたジュースや酵素ドリンクです。

果物をジューサーなどでゆっくり絞って、酵素や食物繊維を壊すことなくその果汁をとりだしておくと、無駄なく効率よくそしてお手軽に朝必要な栄養分を補給することができます。

しかも果物の食べ合わせを考える必要もなく、お好みに合わせて野菜なども一緒にジュースに入れることができます。前日の夜に作っておけば、朝に手間をかける必要もありません。

まずは1週間から!是非一度お試しください。

おすすめの!酵素ドリンク&酵素サプリメント一覧はこちら

スポンサードリンク

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...