酵素を使ったアトピー予防

アトピーの症状:痒み、炎症などまずはじめに「アトピー」とは、痒みや炎症、ひどい湿疹などのアレルギー反応から起こるアトピー性皮膚炎を「アトピー」と呼びます。語源としては「異常」「奇妙」という意味のギリシャ語「atopos」が挙げられています。

アトピー性皮膚炎の原因は遺伝的なものや環境によるものなど様々で、主に発症するのが乳幼児、幼児期ですが、大人になってからでも発症することがあります。

原因は人によって異なってくるため、アトピーを根本的に治すことはとても難しく、治療法や薬も限定できません。しかしアトピー性皮膚炎は不治の病というわけではありませんので、個々に合った治療を行うことで炎症の軽減や治癒は可能です。

ここでは酵素を使ったアトピーの予防、治療法をご紹介します。

なんでアトピーに酵素?

酵素とアトピーの関係性についてご紹介しましょう。

酵素は体内に取り入れることで、食物の消化や吸収を助ける働きをします。また、身体に入った栄養素をしっかりと体中に行き渡らせる働きもあります。

逆に、体内に酵素が不足してしまうと消化不良がおこり、身体の中の汚物がキレイに排出されにくくなり体内が汚れてしまいます。

栄養を身体に行き渡らせることができなくなると体調を崩す原因となるだけでなく、身体の免疫が弱くなり抵抗力が衰えてきます。

酵素が不足した胃や腸などの消化器官では、食物がしっかりと消化されません。そうなると食物と一緒に体内に入ってくる有害なものが身体に悪影響を与えます。

免疫が弱くなっている状態で、食物と一緒に身体にとって有害なものを摂取してしまうと身体がアレルギー反応(拒絶反応)を起こすことになります。これがアトピー性皮膚炎です。

体内の酵素が減ることで消化不良を起こしやすくなり、最終的にアトピーにつながるのです。

アトピー予防に酵素を

近年は、昔と比べて野菜や果物などの酵素を多く含んだ食物を口にすることは少なくなり、しかも脂やたんぱく質と言った物が増えています。
それだけでなく、食べ物には多くの添加物や防腐剤も入れられていることから、身体が拒絶反応を起こしやすくなっています。

生の野菜や果物を口にする機会が減っただけでなく、むしろレトルト食品や冷凍食品を食べる機会が多くなっていませんか?

そういったものと一緒に体内に入ってくるものをしっかりと消化することができない状態が続くと、アトピーが発症する可能性が高くなってきます。

現代社会では、アトピーが大人になってから発症するケースも増えていることから、栄養バランスを考えた食事がとても重要になってきていると考えられます。

アトピーの予防として酵素を上手に体内に取り入れ、身体の免疫力を高めましょう。

酵素を上手に取り入れることで、消化が活発になるだけでなく、血液もサラサラになり、身体の老廃物は徐々に体外へと出されていきます。自然に消化・排出が行われるようになることで身体は健康な状態に近づいていき、アトピーの心配からも遠ざかっていきます。

おすすめの!酵素ドリンク&酵素サプリメント一覧はこちら

スポンサードリンク

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
読み込み中 ... 読み込み中 ...